業務案内

冷間ロールパイプフォーミングとは

熱間・温間・冷間を含め、多様なフォーミング形式がありますが、その中でも冷間ロール成形は他の形式に比べ、表面肌の仕上がりが美しく、低コストで成形できるという特徴を持っています。
成形ロールを使用してのパイプの成形方法は、成形ロールに対し、①素管(成形前のパイプ)を押し出して成形する「エクストロール方式」、②引き抜きをして成形する「ドローベンチ方式」、③成形ロールを駆動させることにより素管を前進させる「ロールフォーミング方式」の3種があります。
 
中山工業は、日本で唯一、3方式を保有していることから、お客様の多様なご要望に合わせた最適な方式を選択致します。さらに、他メーカーでは造らない、あるいは造ることのできない特殊形状・寸法の角・異形・多重管を、お客様のご要望のサイズ・形状に合わせて、中山工業の独自の技術も付加し、創造いたします。

材質

炭素鋼鋼管全般(普通鋼、高張力鋼、他)、ステンレス鋼管、銅管、アルミ管 チタン管、他